運命の扉を打ち砕け

aruzo-運命

タタタターン。タタタターン。
運命の扉を打ち砕く音である。
これは、誰もが知っているベートーヴェンが創り出した名曲「運命」の最初のフレーズですね。

ベートーヴェンは、どんな想いで名曲「運命」を作り出したが想像してみてください!

ベートーヴェン

ベートーヴェン

運命の扉は、決して人がたたくのではない。自らが叩いて運命をひらくのです。
ベートーヴェンが創り出した交響曲第九番「運命」は、並外れた苦労とその境遇から生まれました。

ところで、いま、
これは、自分の運命だと言って嘆(なげ)くなら、これを知ってください。
あなたの人生が、劇的に変わるかもしれないのです。

 

誰もが、持って生まれた運命があります。
そして、その運命は過酷で苦労し苦しみや悲しみだけの人生だと思うかもしれません。
人によりそれは、不運と言うでしょうか。

苦しみにや悲しみには、すばらしい贈り物が用意されている

知っていますか!
悲しみの裏側を、苦しみの価値を、

悲しみは、人生の豊かさを手にいれるチャンスです。
悲しみを知っているからこそ、誰よりも生きる意味を知り人生を豊かにすることができます。

そして、苦しみには勇気という贈り物が用意されています。
あなたはこの苦しみに耐えなければなりません。
それは、この苦しみはあなたの精神の成長には必要だからです。

あなたは、こころの奥底で気付いた筈(はず)だ。
証拠に、今日こそはと自分に約束したときがあった。
それは、あなたの生の使命であり勇気なのです。
あなたは知っている、この苦しみが、自分に勇気を与えようとしていることを!

空

あなたは、あなたにしか出来ない使命をもって生まれてきました。
この使命とは、あなたが生まれた意味。
そして、自分の使命は何であるかを知る人は少ない。

悲しみと苦しみを知ったあなたは、自分の使命を知るでしょう。
だが、あなたが使命を果たそうとしたとき、強固で頑丈な大きな扉がありました。
でも、あなたは自らの生まれた意味の使命を、知ってしまったのです。

この扉は、今のあなたの力では容易に開けることが出来無い扉だ。
どうする!
あなたの使命は、この扉を開くことではなかったか!
運命に従えた人生なのか、そして使命を全う出来ずにこの世を去るのか!

あなたは、それは出来無い。
残りわずかの人生をかけてでも、あなたはこの運命という扉を開こうとする。

開けることができないなら、打ち砕(くだ)け、
この運命の扉を打ち砕け。
ひたすら、この身をかけて!

aruzo-運命

aruno-運命の扉

タタタターン。タタタターン。
運命の扉を打ち砕く音がする。